読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Keep on clinging!

自転車を中心に鉄道や野球・モータースポーツ観戦など、趣味について書くブログ

ツアー・オブ・ジャパン 東京ステージ

昨年に続いて今年も6月5日のツアー・オブ・ジャパン東京ステージの観戦に行ってきました。
横浜を出た時は行くかどうか迷うような空模様だったものの、大井埠頭に着いた頃には雨も上がりどんどん回復。
ほとんど雨に降られることもなく観戦することができて本当に良かったです。


f:id:tekarin26:20160607233836j:plain:w400
まだ乾ききらない路面の中、逃げる先頭集団10名


今年は2月のツアー・オブ・カタールで落車し大腿骨を骨折した新城幸也が実戦復帰にこのツアー・オブ・ジャパンを選び、さらに昨日の伊豆ステージでステージ優勝したこともあって、悪天候にも関わらず盛り上がっていました。
レースは完全に平坦なコースプロフィールということもあり昨年のような集団スプリントになるかと思いましたが、周回コースに入ってからは新城を含む10人の逃げ集団を終始リード。
最終周回に入って逃げは分裂したものの、その中の1人だったサム・クロームアヴァンティ・アイソウェイスポーツ)がスプリントを制し優勝。
先に来ていた観戦仲間のスペースに入れていただきiPhone流し撮りをしていたのですが、クロームが勝利を確信し拳を振り上げようとするまさにその瞬間の写真は我ながら気に入りました(笑)。


f:id:tekarin26:20160607234056j:plain:w400
中村龍太郎(株)の応援フラッグ


f:id:tekarin26:20160607234320j:plain:w300
勝利を確信し拳を振り上げるサム・クロームアヴァンティ・アイソウェイスポーツ)
Instagram


f:id:tekarin26:20160607234407j:plain:w400
逃げ集団を捕まえきれなかったプロトンの集団スプリント


さて、現地観戦の楽しみといえば選手と間近に触れ合えたり、普段は見られないプロ選手の機材を間近に見られることですよね。
現地で見かけた小ネタなどをいくつか紹介します。


f:id:tekarin26:20160607235016j:plain:w300
ゴール後にウィリーを披露する小橋勇利(シマノレーシング


f:id:tekarin26:20160607235336j:plain:w400
ファンサービスに積極的なアイラン・フェルナンデス(マトリックス・パワータグ)


f:id:tekarin26:20160607235558j:plain:w400
f:id:tekarin26:20160607235648j:plain:w400
f:id:tekarin26:20160607235705j:plain:w400
「桜リアクト」こと、新城幸也モデルのメリダ・リアクト


新城モデルのリアクトはフレーム単体で約35万円で市販されるようですね。
なんでも選手特別モデルを市販するのはメリダ史上初ということで、いかに新城幸也選手の人気が大きなものかうかがい知れます。

メリダ REACTO TEAM E 桜と富士山を描いた新城幸也専用モデルを市販
(シクロワイアード

f:id:tekarin26:20160608000444j:plain:w400
f:id:tekarin26:20160608000510j:plain:w400
全日本TTチャンピオン、中村龍太郎選手のフェルト・F FRD


フェルトは私の1台目のロードバイクがF95なこと、大のファンであるマルセル・キッテル選手を知った時に乗っていたバイクがフェルトだったこともあって好きなブランドです。
F FRDは無機質な真っ黒いフレームですが、編み目が市松模様にっているTeXtremeカーボンが美しいですね。


何度も書いていますが、サイクルロードレースはマラソン並みの距離感で、最大60km/hを超えるスピードで駆け抜けていく風を感じられて楽しいですね。
また機会があればどこか観戦に行きます。