読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Keep on clinging!

自転車を中心に鉄道や野球・モータースポーツ観戦など、趣味について書くブログ

Cannondale Synapse Carbon 5 105

自転車 機材

 前回の記事で「2台目のロードバイク購入を機に」と書きましたが、今日そのキャノンデールシナプスが納車されました。

 

f:id:tekarin26:20141109002944j:plain
Cannondale Synapse Carbon 5 105、自宅にて

 

 ロードバイク歴1年を迎え、この趣味を長く続けて行けそうだなと思ったので、冬のボーナスを当てにして思い切って購入しましたw
 お値段は25万9,200円也。もちろん初めてのカーボンフレームです。

 

 2台目にはカーボンロードが欲しいと思った時に自分が何をしたいかを考えたところ、やはり一番は「遠くの見知らぬ所へ走って行きたい」だったので、エンデュランスロードに的を絞り車種選びを始めました。
 その中でロングライドに特化した設計で、将来的にDi2にしたくなった時にスマートに対応でき、そして緑色だから(笑)ということでキャノンデールシナプス・カーボン5 105に白羽の矢が立ちました。

 

 本当はせっかくなのでアルテグラグレードも考えたのですが、見た目は105グレードの黒/緑の方が見た目にカッコよく、なによりキャノンデールのブランドカラーでもある「バーサーカーグリーン」が使われているので、見た目重視でこのセレクトです。
 どうせなら将来的にアルテグラDi2にしたいなというのもありますし、ならばベース車両のコンポは105で必要十分でしょう。

 

 キャノンデール心斎橋で受け取った後BECK ONでボトルケージ固定用のボルトとバルブキャップを購入し、靭公園から自宅まで9km弱を自走して帰った感想を一言で表すと「タイヤと路面の間に1枚フカフカの絨毯を敷いたような乗り心地」でした。
 フロントフォーク、チェーンステー、シートピラーと、タイヤを支える全てのステーが縦長→横長→縦長とねじれながら繋がり、また振動を吸収するカーボンの素材としての特性を上手く活かして独特の乗り心地が作られているように感じますね。

 

f:id:tekarin26:20141109004705j:plain
SAVEプラステクノロジー搭載、ねじれながら繋がるチェーンステー

 

 この自転車が真価を発揮するであろう長距離はまだ走っていないので、レビューはまた追い追い書いていきたいと思います。
 ポジションもまだきちんと出したわけではありませんし。

 

f:id:tekarin26:20141109005348j:plain
「その健やかなるときも、病めるときも、 喜びのときも、悲しみのときも、激坂を登るときも、BBが鳴くときも、これを愛し、これを敬い、真心を尽くすことを誓いますか?」
「誓います」