Keep on clinging!

自転車を中心に鉄道や野球・モータースポーツ観戦など、趣味について書くブログ

Ultegra Di2 × SC-M9050

TwitterアルテグラDi2に接続したSC-M9050の動作の様子をツイートしたところ予想以上の反響があったので、こちらにも掲載しておきます。

 

前回の記事でも書いた通り、通常の構成ではジャンクションAとしてSM-EW90-A(3ポート)もしくはSM-EW90-B(5ポート)を接続するところ、シナプスにはXTR Di2のジャンクションAであるSC-M9050を接続しています。

お値段はSM-EW90-Aの9,915円(税抜)に対して11,804円(同)と2,000円ほど高くなりますが、Di2化時にこれだけ足せばバッテリー残量とギアポジションを別枠で見やすい位置に表示できるようになると思えば安いと思います。

 

難点があるとすれば、サテライトスイッチを通常設置するであろう右側上ハン部分に重なるので、サテライトスイッチを導入して1秒でもタイムを削りたいシリアスクライマーの方にはお勧めできないかもしれません。

またTTバイクの方はジャンクションAが5ポートある方が配線がスッキリするので、3ポートしかないSC-M9050だと不可能ではないですが配線が煩雑になってしまうようです。

 

…とここまで書きましたが、実用性どうこうよりも見た目がカッコいいですよね。

夜でもバックライト付き有機ELディスプレイのおかげで、変速するとギアポジションが表示されるのがチラッと見えるだけで大満足です(笑)